葬祭ジョブ

葬祭業界専門の求人・転職情報サイト
初めての方へ
採用担当者様へ
納棺・湯灌師の仕事
映画『おくりびと』で一気に世間に知られることになった納棺師。別の呼称として、「湯灌師(ゆかんし)」とも呼ばれます。旅立ちの準備のために「故人を棺に納める儀式」を執り行うのが納棺師の仕事ですが、具体的には、ドライアイスなどでご遺体の腐敗の進行を抑える、含み綿などで表情を整え、顔・髭剃りや整髪、死化粧をする、経帷子などの旅立ちの衣装(死装束)にお召し替えする、といったことを行います。

また、納棺の前に、ご遺体を入浴させ、洗浄や清拭でお清めをする湯灌(ゆかん)を行うこともあります。納棺の儀式を行う際には、ご遺族にも参加してもらい、悔いのないお別れをしてもらえるように努めるのも重要な仕事です。葬儀社などの依頼が入ってからは、火葬までのご遺体の状態を管理しながら、ご遺族が故人と対面できる様に見栄えを整えます。
具体的な業務内容
・ご遺体の湯灌
・ご遺体の納棺
・納棺の儀の司会進行、ご遺族のご誘導
・車の運転
就業先が納棺専門の会社か、葬儀会社なのかによって、業務内容は異なります。

納棺を専門に行う会社では、ご遺族や病院、葬儀社などから依頼を受けた後に納棺作業のみを行います。一方で、葬儀会社では、葬儀全般を執り行いますので、葬儀の司会進行や誘導、事務作業等の業務も総合的に担当してもらいます。葬儀会社での業務は、必ずしも納棺師としてメインの業務(納棺、湯灌)を行えるとは限りませんが、『葬儀全体を把握する、あらゆる役割を経験できる』という点では、将来的なキャリア形成にもプラスになることが考えられます。


仕事のやりがい
葬祭業界・葬祭サービスでは、葬儀のご依頼後は、葬儀の実施までの短い期間に、24時間体制でスピーディーな対応・葬儀までの準備を行うことが必要になります。一方では、常にご遺族の悲しみに寄り添い、大切なご遺体を扱う責任は重く、精神的な強さも求められますが、ご遺族が安心して葬儀を行うことを献身的に支えるなかで、遺族から感謝の言葉をいただき、仕事を通じて大変感謝されることも多いです。ご依頼後から葬儀までを経て、無事に故人をお見送りできたとき、達成感とやりがいを感じられます。

また、葬祭ディレクターの仕事は、スタッフが手分けして行う「チームプレー」です。良い仲間にサポートしてもらい、丁寧に業務を進めていく必要があります。この仲間との出会い、良い仲間との仕事ができたときは、やりがいを感じられます。近年では、認定資格の取得による業界内でのキャリアアップや、受注内容毎のインセンティブ支給による給料UPなどもあり、これも魅力の一つになっています。


仕事に向いている方
下記のいずれかに該当するような方が、葬祭ディレクター・葬祭プランナーとして活躍されています。
・葬祭業経験者
・営業職経験者
・飲食、接客、介護などのサービス業経験者
・サービス業(飲食・介護など)の勤務経験者
・相手に寄り添って誠実な気持ちで仕事ができる方
・礼儀正しく、清潔感のある接客ができる方
・人と話すことが好きで、人に感謝される仕事がしたい、人の役に立つことにやりがいを感じる方
・臨機応変に対応し、判断力がある方
・シフト勤務や夜勤の経験があるなど、体力に自信がある方
・向上心、達成意欲が強い方
・20~30代の方でもチャンスがあります。
(業界未経験、職種未経験の方でも就業可能です)

コラム