葬祭ジョブ

葬祭業界専門の求人・転職情報サイト
検討中求人一覧
初めての方へ
女性葬儀屋さんの仕事とは?女性ならでは仕事のやりがい・勤務形態を解説
人の死は予測不可能なものなので、葬儀屋自体は基本的に24時間体制です。ゆえに、葬儀屋の仕事に興味があっても休みがきちんと確保できるのか、休日事情や勤務形態はどのようなものがあるかなど、気になりますよね。そこで今回は、葬儀屋で働いた場合の、一般的な休みのとりかたや勤務形態についてご紹介します。
葬儀屋の仕事とは?
基本的な葬儀屋の仕事
葬儀屋の仕事は大まかに言うと、亡くなった人の遺族などから依頼を受け、ご遺体の管理や葬儀全体の進行・管理を行うものです。

まず、依頼を受けてからご遺体の搬送・安置を行い、遺族との相談のもとお通夜やお葬式の手配、進行を行っていきます。お通夜やお葬式の段取りは多岐にわたり、式当日は分業制でスタッフが一丸となって対応します。

そして、葬儀が済んだ後は仏壇や喪中はがき、お墓の相談に乗ることもあります。場合によっては終活の相談にも随時対応します。

葬儀屋の仕事は、男性が行うものだという認識が少し前まであったのは、体力が必要だったり、不規則な勤務があったりしたことが影響しています。しかし近年では、女性が活躍している葬儀屋も非常に増えています。女性の仕事内容は葬儀屋によって異なり、男性と全く同じ仕事内容とは限らないため、力仕事などに不安があっても仕事ができる可能性もあります。
女性も葬儀屋の仕事で活躍できる時代!
これまで男性中心の仕事だと認識されてきた葬儀屋で、女性が活躍しているのにはいくつかの理由があります。それは、単に共働きの夫婦が増えたからという理由ばかりではありません。 人生の最後の大切なお別れの日を迎えるデリケートな場面において、女性ならではの細かな心配りや、優しい雰囲気、遺族に寄り添う姿勢はとても重宝されるスキルでもあります。悲しみのなかにある遺族とともに、滞りなく式を進めていくには、こうした遺族の心に寄り添えることがとても重要で、そのかかわりかたが満足度にも影響します。
知っておきたい葬儀屋での女性の働き方
葬儀屋で働く上で、先に勤務形態もしっかり把握しておくことをおすすめします。
勤務形態
葬儀屋は基本的に24時間営業で、深夜や早朝に働くこともありますが、その多くはシフト制です。

多くの葬儀屋は友引が休みであり、またシフト勤務によってきちんと休日が確保されています。女性の場合は、家庭や育児との両立のために夜勤を少なくする、あるいは日勤のみ勤務するという働き方ができる可能性もあります。

葬儀屋の勤務形態に不安がある方は、夜勤の有無や希望にマッチしているかどうか、しっかりと確認することをおすすめします。自分のライフスタイルと照らし合わせて、条件にマッチする就職先を選ぶことが大切です。
結婚後や育児をしながら葬儀屋の仕事をすることは可能?
葬儀屋は、小規模なものから大規模なものまで様々です。福利厚生についても、それぞれ異なるため、特に妊娠や出産、育児をこれから検討していく女性は、家庭との両立がしやすい職場かどうかを見定めることが肝心です。女性が活躍する葬儀屋が増えていることや、ワークライフバランスを考える事業者が増えていることから、女性が家庭と仕事を両立しやすい体制を確保している葬儀屋も少なくありません。ひとつの目安として、福利厚生が整っているかどうかのチェックは不可欠です。

葬儀屋のほとんどは24時間営業です。家庭との両立のため日勤のみで働ける葬儀屋もありますが、育児が落ち着いた頃に夜勤も視野に入れている人や、月に数日なら夜勤も可能だと考える人は、家族の理解や協力が得られるかどうか、しっかり話あっておくことも大切です。
葬儀屋の仕事は離職しても働きやすい?
葬儀屋の仕事は一度離職したとしても、その経験が重宝されて再就職に有利となる傾向にあります。特に、実務経験を要する資格はとっておくに越したことはありません。出産や育児などで離職したとしても、これらの資格があれば再就職にはとても役立ちます。十分な実務経験があれば、離職中に資格取得を目指して再就職を目指すのも1つの方法ではないでしょうか。
女性が葬儀屋の仕事で活躍できる点とやりがい
葬儀屋で働く女性スタッフには、主に3つの強みがあります。近年、女性が葬儀屋で活躍している背景には、これらの強みが求められているといっても過言ではありません。
・細やかな気配り
・女性スタッフだからこそ相談できることがある
・場を和ませやすい
細やかな気配り
葬儀は非常に繊細な場です。とおり一辺倒な対応ではなく、女性ならではの細かな気配りがご遺族に感謝されることも多いです。男性スタッフでは気づきにくかったり、指摘しづらかったりすることも、女性スタッフであれば指摘しやすいという場面もあります。例えば、ストッキングの伝染などの身なりのことは、男性から女性へは言いにくいこともあるでしょう。一見、些細なことと考えられるかもしれませんが、こうした細かな気遣いや心配りはデリケートな場面ではとても大切です。
女性スタッフだからこそ相談できることがある
人によっては、男性スタッフよりも女性スタッフの方が話しやすいという人もいます。また、相談の内容によっては、女性だからこそ理解しやすいものもあります。特に、終活の一環で女性が自分のお葬式についてこだわりをもっている場合、メイクや髪型、服装などの希望も女性スタッフなら汲み取りやすいことが多いでしょう。
場を和ませやすい
女性特有の柔らかい雰囲気は、様々な場面でその場を和ませることができます。ご遺族が女性ひとりの場合は特に、自宅に男性スタッフが訪れると身構えてしまうケースもあります。こうした場面に女性スタッフが同席したり、女性スタッフが訪れたりすることで、遺族の緊張をほぐすことができるかもしれません。

このように、力仕事では男性に敵わなくても、女性スタッフがいることで遺族や相談に訪れた人の心の負担を軽くすることができます。こうした利点を発揮するためには、当然細かな気配りができることが求められますが、発揮できると大きなやりがいを感じるでしょう。葬儀屋の仕事を通して、遺族の力になれたり、遺族からの感謝の言葉をもらったいする場面で、「この仕事に就いてよかった」と心から思えるのではないでしょうか。
女性が葬儀屋の仕事を行う上で大変なこと
葬儀屋の仕事はとてもやりがいのある仕事で、女性でも活躍の場がたくさんあることをご紹介しました。その一方で、女性スタッフにとって大変なこともあります。

女性スタッフの多くが、葬儀屋の仕事がキツいと感じるポイントは主に次の2つです。
・肉体労働が多い
・夜勤など勤務体系が不規則
肉体労働が多い
葬儀屋の仕事のなかには、体力が必要となる場面が多いです。たとえば、祭壇をつくったり、ご遺体の搬送、故人の体を清めたり着替えたりする場面が代表的です。

ご遺体を安全に運ぶためには、それなりの体力が求められます。また、祭壇をつくる際、必要なものを運んで組み立てる場面でも体力が必要です。

式を自宅で行う場合は式中ずっと、炎天下あるいは極寒のなか立ちっぱなしとなるケースもあります。

こうした肉体労働や体力を要する仕事は、葬儀屋によっては男性メインで行うところもありますが、女性もその役割を担う事業所もあります。常に快適な環境下ではない、また、力仕事がゼロではないことを十分に理解しておく必要があります。
夜勤など勤務体系が不規則
葬儀屋の多くは基本24時間体制で営業しています。葬儀屋の勤務はシフト制を採用しているところが多いため、夜勤に入る可能性もあります。葬儀屋のなかには女性スタッフの夜勤を廃止している、夜勤は自宅待機などそれぞれ特徴があるため、必ずしも全ての葬儀屋に当てはまることではありませんが、勤務体系についてはしっかり把握しておくことが肝心です。

こうしたことから、葬儀屋は決して楽な仕事ではありません。しかし、自分の働き方に合った職場を見つけることや、日頃の体調管理を上手に行っていれば、他の仕事にはないやりがいを感じることができます。
葬儀屋女性スタッフに求められる服装・髪型・メイク・アクセサリー
葬儀屋のスタッフに採用された場合、業務内容以外にも気を付けるべきポイントがあります。それは身だしなみです。葬儀への参列にはマナーがありますが、葬儀屋として仕事をする上では、当然これらのマナーをきちんと守る必要がありますよね。それでは、女性スタッフが身だしなみにおいて、どのような点に気をつけるべきかチェックしましょう
葬儀屋女性スタッフに求められる服装
葬儀屋は、当然葬儀に相応しい服装が求められます。派手な服装、葬儀参列者が不快に思う服装は避けつつ、仕事なのでパンツスタイル、ヒールが低いものなど動きやすい服装を心がけましょう。
葬儀屋女性スタッフに求められる髪型
葬儀の場の雰囲気を壊さない髪型・髪色になるよう配慮が必要ですから、派手なカラーリングやヘアスタイルは相応しくありません。大切なのは清潔感です。
▼ショートヘアの場合
ショートヘアの場合、髪の毛をひとまとめにすることができないため、セットに困るかもしれません。ポイントは、顔にできるだけ髪の毛がかからないことを意識してみましょう。髪の毛を耳にかけたり、ヘアピンでとめるなどすると、スッキリとおさまります。華美になりすぎないように、さりげなく落ち着くような工夫をしてみることをおすすめします。
▼ロングヘアの場合
ロングヘアは、邪魔にならないようにまとめます。顔にかからないようにひとまとめにする、耳が見えるようにスッキリとまとめることを意識しましょう。あまりにも明るいヘアカラーはNGですが、落ち着いた色に染めていたりパーマをかけたりしている場合は、目立たないようにお団子にするとあまり気にならなくなるでしょう。結婚式やパーティーのような、華やかな場に相応しいとされる編み込みや三つ編み、ハーフアップは好ましくないとされています。
髪色
基本的に葬儀では明るい髪色はNGです。これは、スタッフだけではなく参列者にも同じことが言えるため、その場で働くスタッフは特に注意が必要です。あまりにも明るい髪色にしている場合は、就職活動前に染め直す必要があるでしょう。ナチュラルな髪色でない場合は、どの程度までOKなのかを入社先に確認しておくと慌てずにすみます。
ヘアゴム・ヘアアクセサリー
髪の毛をまとめる際のアイテムにも注意が必要です。ヘアゴムやヘアピンは飾りのないシンプルな黒色のものを選びましょう。キラキラとした飾りなど、光る素材は相応しくありません。
葬儀屋女性スタッフに求められるメイク
髪の毛だけでなく、メイクにも注意が必要です。基本的に派手なメイクは相応しくないとされるため、アイメイクや口紅、チークなど極力目立たないようにメイクします。黒なら大丈夫だろうと、重すぎる色を重ねすぎるのもよくありません。
・ファンデーション…マットタイプ
・眉…形を整えるに留める。落ち着いたパウダータイプのアイブロウを使うと自然な眉になる
・アイメイク…アイシャドウ、マスカラ、アイラインは基本必要なし。メイクする場合はベージュ・ブラウンなど自然な色を選ぶ。ラメ・パールは不可。
・頬…華やかさが出るため、基本不要。血色を良くしたい場合はぼかして軽く使うに留める。
・リップ…派手な色や光る素材(ラメ・グロス・パール)が使われているものはNG
アイシャドウのラメやパール、リップグロスなど、光沢のあるメイクはNGです。色だけでなく、質感にも注意してメイクしましょう。
アクセサリー
アクセサリーも、結婚指輪以外は基本的にNGです。キラキラとした装飾品は葬儀の場に相応しくありませんし、業務を行う上でも邪魔になります。

ここでご紹介した身だしなみのポイントは、あくまでも一般的なものです。大切なのは控えてで清潔感のある雰囲気です。葬儀屋によって身だしなみに関する細かい規定が設けられているケースもあるため、必ず確認しておきましょう。
女性でも活躍できる!葬儀屋の仕事にチャレンジしてみよう!
今回は、女性が葬儀屋で働く上で活躍できるポイントや、求められるスキルなどをご紹介しました。男性が中心となる仕事と思われがちな葬儀屋ですが、近年では女性が活躍できる仕事としても注目を集めています。

また、最近では家族を持つ女性や、ワークライフバランスを大切にしたい女性が、働きやすいような制度が整う葬儀屋も増えています。葬儀屋の仕事は体力が求められたり、身だしなみに気を遣ったりする場面も多いなど、独特な部分もあります。しかし、女性ならではの気遣いが発揮できれば、やりがいを感じる仕事でもあります。少しでも葬儀の仕事に興味がある方は、まずは求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。
職種から探す
葬祭ディレクター
納棺師・湯灌師
セレモニースタッフ
営業
生花
コールセンター