葬祭ジョブ

葬祭業界専門の求人・転職情報サイト
検討中求人一覧
初めての方へ
葬儀屋さんの仕事はきつい?夜勤はある?「きつい」と「やりがい」のポイントを紹介
「葬儀屋さんの仕事はきつい」、「人の死に直面するので、精神的なきつさがありそう」など、イメージされる方も多いのではないでしょうか。今回は葬儀屋さんの仕事は本当に激務なのか、夜勤はあるのかなどについて触れながらきついポイントや、葬儀屋さんならではのやりがいのあるポイントについても解説していきます。
葬儀屋さんの仕事内容
まずは、葬儀屋さんがどんな仕事をしているのか簡単にご紹介します。 葬儀屋さんは、人が亡くなり遺族や病院、施設などから連絡を受けて、ご遺体のもとに向かいます。そのため、葬儀屋さん自体は24時間体制をとっているところがほとんどで、深夜にお迎えにあがるケースも少なくありません。

お迎えにいったご遺体を搬送し、その後の管理や葬儀全体の進行を、遺族の希望を聞きながらスムーズに進行するために様々な段取りを行います。 代表的な仕事内容としては、依頼を受けてからご遺体の安置、お通夜・葬式の手配があげられますが、葬儀後には仏壇・喪中はがきの相談など、アフターフォローを行う葬儀屋さんも多いです。

具体的な仕事内容は、葬儀会社や葬儀規模、宗派などによって微妙に異なるため、転職や就職を考えている人は事前に確認しておきましょう。
葬儀屋さんは激務?夜勤はあるの?
不幸があると、故人の遺族や提携している警察、病院、介護施設などから連絡が入ります。お迎えの時間を打ち合わせ、間に合うように寝台車を手配し、遺体を保全するためにドライアイスを用意してお迎えにあがります。
■葬儀屋さんは激務なのか
葬儀屋さんの仕事は、決して楽な仕事ではありません。特に、キツいと感じる理由で多いのが、「勤務形態」「体力面」「精神面」の3点です。葬儀屋さんの仕事は、葬儀があるかないかによって仕事のボリュームが大きく異なります。いつ依頼が来るのか分からない、人の死に直面する仕事、依頼を受けてからスムーズに進行しなくてはいけない、などを考えると確かに激務かもしれません。しかし、葬儀のない日は比較的ゆるやかで、そういったメリハリがある仕事とも言えます。
■葬儀屋さんに夜勤はあるのか
人が亡くなるタイミングは、誰にも予測ができません。深夜や早朝に息をひきとる人もとても多く、葬儀屋さんにはそのタイミングで依頼がくることもあります。そのため、葬儀屋さんには夜勤があり、営業時間としては24時間体制をとっている事業者がほとんどです。基本的に、葬儀屋さんはシフト勤務が一般的です。夜勤の回数については、その葬儀屋さんの規模や夜勤ができる人員の数によって変わってくるため、一概には言えません。しかし最近は、夜勤なしでの雇用を実施している葬儀屋さんも増えています。 また、夜勤をすれば手当てがつくため、収入面ではメリットとしてとらえることもできます。
葬儀屋さんの仕事がきついと言われる理由
葬儀関連の仕事内容で「きつい」と感じる仕事内容は次の4つです。
・精神的なつらさ
・体力的なつらさ
・「葬儀」という仕事に偏見を持たれるつらさ
・業務上、気を遣うことが多いきつさ
■精神的なつらさ
葬儀屋さんは、故人の人生の最期を締めくくる大切な儀式です。悲しみの中にあるご遺族の姿や、ご遺体を目の前にして精神的なショックを受けることもあります。特に、事故で亡くなった方や、水死体となって発見された方など、損傷の激しいご遺体を見て精神的にストレスを感じる人が多いです。小さな子どもが亡くなった姿を見てショックを受ける人もいます。中には、遺族同士が揉め事を起こしている様子を見て人間不信になる場合もあります。このように、葬儀屋さんの仕事は人の死と家族について、ふだん見ることのない人間の姿を見る機会が多く、精神的なつらさを感じることもあります。
■体力的なつらさ
葬儀屋さんの仕事は、精神的なつらさだけではありません。体力的にもキツいと感じる人は多く、主に「勤務形態」「業務内容」の2つがあげられます。

【勤務形態】
いつ依頼が来るか予測できないため、葬儀屋さんは基本的には24時間体制です。そのため、シフト勤務の場合は昼夜を問わず働く可能性もあります。

【業務内容】
葬儀屋さんは力仕事も多くあります。例えば、ご遺体を運んだり、ご遺体を棺桶に入れたり、棺桶を持ち上げるなど、失敗できない力仕事も。
■「葬儀」という仕事に偏見を持たれるつらさ
今の時代ではかなり少数派ではありますが。中には葬儀屋さんの仕事に偏見を持っている人もいます。たとえば、「人の死で商売する仕事」「人の嫌がる仕事」「葬儀で必要以上にお金を巻き上げる」などのネガティブなイメージにとらわれ、心ない言葉を投げる人もいるといいます。しかし、近年では葬儀を「サービス業」と捉えるようになり、若い人の参入も増えています。終活という言葉がポジティブな面を持つように、人生の最期の大切な儀式を行う仕事としてポジティブなイメージを持つ人も増えてきています。
■業務上、気を遣うことが多いきつさ
葬儀の仕事はデリケートな部分が多いため、必要以上に気を使う場面が多くあります。大切な人を亡くしたご遺族への細やかな気遣いや接し方ひとつで、満足度も大きく変わってくるでしょう。

中には、ご遺体を目の前にして遺族同士が言い争ったり、檀家はどこなのか、宗教や宗派はどうなのかなどで揉めたりすることもあります。こうした中でも葬儀屋さんは、滞りなく葬儀を進め、ご遺族にとって良いお別れができるようにサポートする必要があります。このように常に繊細な感情やデリケートな部分に配慮しなければならず、気を遣う部分の多い仕事です。
■仕事のきつさで葬儀屋さんを辞めたいと思う人も
このような仕事のきつさから、葬儀屋さんを辞めたいと思う、あるいは辞めてしまった人も少なくありません。しかし、きついだけの仕事ではなく、その分やりがいや喜びも多くある仕事です。
きついだけじゃない!葬儀屋さんの仕事に感じるやりがい
葬儀屋さんの仕事は確かに大変な部分もありますが、決してきついだけではなく、多くのやりがいを感じる仕事でもあります。具体的に、どんな時にやりがいを感じるのか、見てみましょう。

葬儀屋さんの仕事でやりがいを感じるのは主に次の4つ
・遺族から感謝される
・葬儀をすべて終え、故人を無事に見送れたとき
・遺族の力になれる
・いい仲間と協力して仕事を達成できたとき
■遺族から感謝される
精神的にも体力的にもきつい仕事ですが、遺族の悲しみや希望に真摯に向き合い、取り組むことで感謝されることも多くあります。
■葬儀をすべて終え、故人を無事に見送れたとき
死亡連絡を受けてから葬儀が終了するまでは数日かかります。依頼を正式に受けてからはスピーディかつスムーズに準備をすすめる必要があり、気を張る場面もあります。しかし全てを終えて故人を無事に見送れた時には、大きな達成感を感じられる仕事でもあります。
■遺族の力になれる
葬儀屋さんは、人生の最期の大切な場面に立ち会うことができ、悲しんでいる遺族や人の手助けができる仕事でもあります。誰かの役に立ちたい、助けたいと考えている人にとってはとてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。
■いい仲間と協力して仕事を達成できたとき
葬儀屋さんの仕事の多くはチームプレーです。ご遺体の搬送から葬儀の進行まで、仲間同士で呼吸をあわせながら、協力しあって進めていきます。仲間とうまく連携をとって仕事ができれば大きな達成感を得ることができます。
葬儀屋さんはきつさ以上にやりがいも感じられる仕事
葬儀屋さんは体力的、精神的にも決して楽ではない仕事です。しかしその反面、他の仕事では経験できない大きな達成感や、やりがいを感じることもできます。葬儀屋さんの仕事は人生の最期に携われる、貴重な仕事です。故人や遺族のためになる仕事をしたい方は、ぜひ一度葬儀屋さんの求人をチェックしてみましょう。
職種から探す
葬祭ディレクター
納棺師・湯灌師
セレモニースタッフ
営業
生花
コールセンター